ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

青野りえ「パストラル」で東京の歌に思いを馳せる

f:id:dreamy_policeman:20180114222257j:image

2017年に達成することができた人生における野望の一つが、土岐麻子様のライブを観ることだった。

想像通りの歌と演奏の素晴らしさ、そしてお心遣いに溢れたMC。まさにクイーンオブシティポップ。素敵としか言いようがないステージであった。

 

そんな土岐様が帯コメントを書いているのが、去年の10月にリリースされた青野りえ「パストラル」。
青く澄みきった冬の空にとてもよく似合う作品であります。

 

同じく2017年に出た土岐様の傑作「PINK」が最先端のサウンドやトレンドを駆使して「東京の現在」を切り取ったとするならば、こちらはあくまでもトラディショナルなマナー、つまりいい曲、いい歌、いい演奏を貫いて、みんなの思い出の中にあるエバーグリーンな東京を浮かび上がらせている。

 

昨今の7インチブームやシティポップリバイバルとは明確に一線を画す、まるで老舗のテーラーで仕立てたシャツのように端正な仕上がり。ほぼ全曲の作曲・アレンジ・プロデュースを手がけた関美彦の生粋のシティボーイとしての矜持とミュージシャンシップを感じずにはいられない。

 

そこで思い出されるのが、GINZA17年4月号に掲載された「東京の歌 1964-2020」という音楽ライター・北沢夏音氏のコラム。

タイトル通り、二つのオリンピックの間に生まれた東京をモチーフとした歌と都市の関係について書かれた文章と共に「東京の歌 50選」というリストが掲載されており、はっぴいえんどムーンライダーズやピチカート・ファイブにceroといった時代ごとの顔役たちとともに、関美彦の「Bloody Rain」も選ばれている。

 

その文章の中で北沢氏は、「今年こそ日本のポップ・ミュージックの歴史を彩ってきた歌の中から『東京の歌暦』を編みたい」と書いているのだけれども(早く読みたい)、関美彦もまたこの「パストラル」において、2020年に向けて加速度的に姿を変えていく東京の街と歌を、青野りえの伸びやかな歌声に刻み込んでしまおうと考えたのではないかと想像してしまうほどに、ここで鳴る音には豊かな文脈を感じる。

そしてこの充実した仕事ぶりを聴くにつけ、関美彦自身の「東京の歌」が聴きたいのうの思わずにはいられないし、もしかしてその日も近いのでは…という希望的観測も抱いてしまうのです(お願いします)。

 

年末年始のこと

f:id:dreamy_policeman:20180111212513j:image

今さらながら年末年始のあれやこれを備忘的に。

12/23 年末調整GIG×カクバリズム
灼熱のサニーデイ大阪公演の二日後、性懲りも無くダイヤモンドホールへ。
名古屋では開催されなかったカクバリズム15周年祭りの番外編的なイベント。
トップバッターのスカートはシマダボーイ不在だったけど、オーソドックスな4ピースだからこそ足腰の強さが際立つ、非の打ち所がない演奏でしみじみ楽しかった。「名古屋で大きいところでやるのは初めて」とのことだったけど、もうこのサイズの会場が自然だよね、という堂々たるステージ。新譜にライブにラジオに、今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

続いて登場はCHAI。いっつもチケット売り切れててこの日初めて観ることができたわけだけれども、噂どおり新しさしか感じないエンターテイナーぶりで、なんだか未来は明るいぞって気になった。一緒に行った妻は「生まれ変わったらCHAIになりたいって言ってた。

そしてもう観る前から最高ってわかってるcero。この日も横綱相撲でした。私のようにリズム感に欠ける人間には、ついていくのが到底困難な変拍子なんかが山盛りのプログレッシブな音なのに、高城晶平の楽しそうなステージングに導かれると、いつの間にかすごい高みで踊っているんですよね。まるで大きな帆船の船長さんのようである。彼こそが真のキャプテンオブザシップだ。
いいライブ納めになりました。

12/31
近所の神社の行事のため、野外で年越し。知り合いもおらず、明け方の寒さと孤独に震えながらイヤホンでオーディナリーミュージックを聴く。カジヒデキの選曲でミツメのエスパーがかかる。最低の年越しが少しだけ救われた。家に帰ってから仮眠。「逃げ恥」全編とサニーデイ野音DVDを観る。

1/2
年末に発売されたサニーデイ特集のユリイカを名古屋のジュンク堂で入手。
北沢夏音小田島等、澤部渡、石塚淳…大好きな書き手が多すぎてどっから読んでいいかわからず、ココナッツディスクの矢島さんとフミヤマウチさんのエッセイから読んだ。泣いた。俺がずっとなんとなく心の中に思っていたけれど、酔っ払った時とかひどく高揚した一瞬にしか言葉にできなかったことを言葉にしてくれていた。曽我部恵一の「」という言葉と共に、サニーデイ好きで良かったなーと新年から総括モードになってしまった。

1/3
神社の仕事があったため私の実家に疎開していた子供たちが帰ってきた。引率してきた父と痛飲。というところまでは良かったが、夜中に目を覚ました父がトイレと間違えて階段から転げ落ちるというアクシデントが発生。ケガがなくて良かった。
そういえば父に連れて行ってもらった初めての映画は「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」だったんだけど(4歳の頃の話だ)、アムロの父親が階段から落ちて死んでしまうシーンがあったんだよな、ということを思い出した。


今年もよろしくお願いします。

もうロマンチックなものしか聴きたくないよ。 ミツメ「エスパー」

f:id:dreamy_policeman:20171230180125j:image

10月にスカートが、11月にはトリプルファイヤーがそれぞれシーンに衝撃を与える名作をドロップした2017ペナントレース後半戦。

東京インディー三銃士、奇跡の惑星直列のしんがりを務めるのは、しゅっとしたファブフォー・ミツメである。

 

それにしてもこの状況。
まるで1985年4月17日の阪神タイガースvs巨人戦。バース(スカート)、掛布(トリプルファイヤー)が二者連続でバックスクリーンにホームランを叩き込んだ後に打席へ入る岡田彰布のようなもの。
「まさか三者連続ホームランなんて…」と誰もが思ったその刹那、心のバックスクリーンに飛び込む大アーチ「エスパー」をぶち込んできましたよ、涼しい顔して。


イントロの1小節目から、キラリと光りながら空を飛ぶシンセサイザーの音と、鼻の奥がツンとするベースラインで聴き手の身体を優しくつかみ上げる。

そしてそのまま上空10メートルくらいをふわふわと飛んでいくようなAメロ、Bメロを経て、ミツメ史上最大級に開かれたサビに突入。
聴き手の共感をささやかに誘うハンドクラップも、プリファブスプラウト級にキラキラしたギターソロも、映画のようなストーリーを感じさせる歌詞にも、今までにない体温を感じる。

デビュー作「mitusme」、2作目「eye」で極めたメロディを解体して、再構築してきたミツメが鳴らす、これまでにないスケール感のポップミュージック。

 

俺はもうロマンチックなものしか聴きたくないよ…。
そんな気持ちになりました。


カップリングの「青い月」も同じくビーチボーイズ的なたまらない甘さを含んだグッドメロディ。「エスパー」と同様に、万人に開かれた名曲。
おまけにアウトロではミツメのトレードマークとも言うべき繊細なカッティングギターとコーラス、シンセサイザーの三者によるスリリングなせめぎ合いまで堪能できる。ライブで感じるあの高揚感!
いわばミツメの魅力が全て詰まった4分46秒だ。

 


そして最後に、この二曲を包みこむアートワークにも触れておかなければならない。
聴く前にはミステリアスな期待感を抱かせ、聴いた後には楽曲とのシンクロ感でシビレさせるトヤマタクロウによるジャケット写真。
そういえば2016年はこの人の写真展で納めたのだった。

 

今年も冬の元気なご挨拶を頂いた気分です。

 

演出のないロックオペラのような。 サニーデイ ・サービス「Dance to the Popcorn city」

f:id:dreamy_policeman:20171224135410j:image

あの突然のストリーミング限定リリースから半年、俺にとっての2017年下半期は「Popcorn Ballads」の季節だった。
それくらいこの大作の謎めいた魅力に翻弄されていた。ブログもしつこく二回書いた。

なのでその「Popcorn ballads」と前作にして傑作「Dance to you」のみを演奏するライブ、その名も「Dance to the Popcorn city」が東京と大阪のみ、しかも平日に開催されるというニュースを耳にした時も、私の中に迷いはなかった。何があってもこの日は行くと心に決めて会社のスケジュール帳に大きな×を書き込んだ。

 

会場は梅田クラブクアトロ
何を隠そう大阪でライブを観るのは初めて。
山下達郎「BOMBER」、THE COLLECTORS「世界を止めて」の人気に最初に火をつけた土地で、サニーデイ・サービス史上最も肉体的な作品を堪能できるというのは実に理想的な環境ではないかと思いつつ会場へ滑り込む。フロアではルースターズの「ニュールンベルグでささやいて」が流れていた。


定刻の19:30を迎え、ジョン・レノンの「Cold Turkey」が鳴り響き、ステージが暗転。
戦時下というテーマにふさわしい重厚で悲愴感のあるオーケストラの調べに乗ってメンバーが登場。
8月野音と同じ5ピースに、サックス・加藤雄一郎を加えた6人体制。


1曲目は「Tシャツ」。たった56秒で駆け抜けるロックンロールナンバー。最新型のダンスビートを基調とした「Popcorn ballads」では異彩を放つ曲だったので意外だったけど、若い恋人たちの些細な苛立ちを描いたこの曲が先頭にくることで、壮大なSFのような「Popcorn Ballads」の世界に、生身の主人公が浮かび上がってくるようである。

 

ここからいよいよ「東京市憂愁」「青い戦車」「泡アワー」と「Popcorn Ballads」のデストピアでファンキーな世界観の核となる名曲がたたみかけられたわけだけど、「そう!これ!これが聴きたくてここにきたのよ!」と叫びたくなるスリリングなグルーヴ。
特に岡山健二の叩き出すドラムの、曽我部恵一が放つ熱量と真っ向から胸ぐらを掴み合うような迫力は、手練揃いのバンドを思いっきりドライブさせていたように思う。


そして梅田クアトロはとにかく音がクリア。
ギター新井仁曽我部恵一のすさまじいせめぎ合いがこんなにクリアに聴けるのは初めてだ。

 

5曲目で初めて「DANCE TO YOU」からのナンバー「パンチドランク・ラブソング」が披露される。続く「summer baby」と共に、それまでの3曲で構築された堅牢な世界の片隅に生きる若者たちの息遣いに聞こえてきそうな感覚。楽曲にはもちろん、このストーリーを感じさせる構成にグッとくる。

 

ここまでですでに大阪まで来て良かったよ…という状態ではあったのだけれども、まだまだ序盤戦が終わったところ。まだ1/3にも満たないのである。いかにこの2作が充実していたか、ということだろう。

 

そして中盤のクライマックスは何と言っても「流れ星」「花火」「クリスマス」の流れ。

荒々しいサックス、掻き毟るギターと炎のような咆哮。今この瞬間だけを信じて、過去も未来も全て焼き尽くしてしまわんばかり「流れ星」の熱量。
一転して、その燃え上がる世界をも二人の愛を彩る背景にしてしまうほどにロマンティックな「花火」のスケール感。
そして過酷な運命を背負った少女の姿を、とびきり美しくスウィートなダンスチューンに封じ込めてしまった、おそらく20年後のフロアも揺らし続けるであろう2017年屈指のキラーチューン「クリスマス」。

この三曲三様の振り切った世界に命を吹き込み、オーディエンスの耳ではなく魂に直接流し込んでくるようなサニーデイ ・サービス、そして曽我部恵一の表現力に震えた。


サイケデリックなほどにメランコリーな「ハニー」、退廃的でオリエンタルなグルーブ「虹の外」を挟んで、後半戦のスタートは今や新たなサニーデイラシックスと言うべき「セツナ」から。

美しいメロディをたたえた端正なロックナンバーが徐々に熱を帯び、最終的にジミヘンとピート・タウンゼントが憑依したとしか思えない危険な領域に突入していく様は何度体験しても壮絶。
ステージ上のメンバーがバトルロワイヤル状態で入り乱れる長い長いアウトロが終わり、次の曲で使うギターをローディーが運びこもうとした瞬間に、さっき聴いたばかりのリフを再び弾き始める曽我部恵一と、ほんの一瞬の空白の後に演奏を始めるメンバー。まさかの「セツナ」リプライズ!ほとんど命がけである。
その直後に演奏された「透明でも透明じゃなくても」の静謐な美しさとのコントラストも合わせ、もはや異常。他に言葉が見つからない。

 

そして後半戦もう一つの白眉は「セツナ」と同じく「DANCE TO YOU」からのニュークラシック「桜 super love」。
大切な誰かの不在をテーマにした歌が、戦火に包まれるPopcorn cityで鳴らされることで生まれる新しいストーリー。
現実とフィクションの拮抗すらも手のひらに乗せて転がしてしまうのが今のサニーデイの凄み。

切実なメロウネスとファンクネスが凝縮されたような「金星」、不穏なくらいに享楽的なオアシステイストのロックンロールナンバー「サマーレイン」で本編終了。

 

ここまででたぶん2時間以上。
普通のロックンロールのライブでは考えられない桁外れの濃密さに、ロックオペラという単語が頭に浮かぶ。
しかもそれは演出ゼロ、生身のミュージシャンによる、魂を削るような楽曲だけで構成された一大巨編。完全にイかれてる。


アンコールは高野勲のピアノに合わせて曽我部恵一がハンドマイク(!)で歌い上げる新曲「きみの部屋」から。「どうせなら二人で 恐怖と驚きの一夜を過ごすのもいいでしょ」という歌詞が、電車の中でジョージ・オーウェルの「1984」を読んでいた私の心に沁みる。ビッグブラザーでもAIでも統制できない人間の魂ってものがあるだろ。それが正解じゃなくても、汚れちまったものだとしても。

続いては「血を流そう」。2時間以上に亘って魂の交換をしてきた私たちにこれ以上ふさわしい曲があるだろうか。灼熱のロックンロールにぶった切られて、あたり一面血の海だぜ…。

そして本当の最後は小西康陽ミックスによる「クリスマス」のB面に収められた「Rose for Sally」。
まさにサニーサイドのサニーデイサービス。心の中を暖かくして、家路につかせてくれる、ホットワインのような歌だった。

 

しかし時刻はすでに22時近く。
私が家路に着くための電車はもうない。
関西に暮らす音楽を愛する人たちと慌ただしく感想を交わした後、深夜の高速道路をひた走るバスに飛び乗った。


01 Tシャツ
02 東京市憂愁(トーキョーシティーブルース)
03 青い戦車
04 泡アワー
05 パンチドランク・ラブソング
06 summer baby
07 すべての若き動物たち
08 苺畑でつかまえて
09 流れ星
10 花火
11 クリスマス
12 ハニー
13 虹の外
14 セツナ
15 セツナ
16 透明でも透明じゃなくても
17 桜 super love
18 金星
19 サマー・レイン
encore
01 きみの部屋
02 血を流そう
03 Rose for Sally(クリスマス・ソング

規格外のルーキー現る 東郷清丸「2兆円」

f:id:dreamy_policeman:20171216190044j:image

インディー界を牛耳るグルーヴマスターあだち麗三郎による全面サポート、超一流のポップミュージックソムリエ・スカート澤部渡の推薦コメント、そしてインディーレコード店の良心・ココナッツディスク吉祥寺の大プッシュという、まさに走攻守三拍子揃った大型新人・東郷清丸のデビューアルバム「2兆円」。

 

なので当然のように聴く前からきっと良い作品なんだろうなとは思っていた。野球に例えるなら、「打率28分、本塁打15本、10盗塁」くらいは十分に期待できるんじゃないか、と。

 

ところがどっこい実際に聞いてみるとどうでしょう。

 

「打率3割、本塁打20本、しかも全てランニングホームラン」という漫画感覚の大活躍!「自分で値段をつけるなら2兆円」という本人のコメントはビッグマウスではないことを証明する傑作じゃないですか。

 

と、声を大にして言いたいところなんだけど、この二枚組60曲というボリュームに、聴くことをためらってしまう人もいるかもしれない。そんな方はまずディスクA9曲目まで)を聴いてみて頂きたい。

 

一聴するとかつてのグランドロイヤル周辺を彷彿とさせる、ローファイで余白の多い、宅録感のある音である。

 

しかし例えば90年代のフィッシュマンズヨラテンゴ、あるいは10年代のミツメや坂本慎太郎がそうであるように、その余白はただの「無」ではない。東郷清丸というシンガーソングライターが描く世界を投影するためのスクリーンとして機能している。

そこに映写される、8ミリフィルムの映像のようにざらついた、甘くほのかに闇を感じさせる妖しいメロディ。そっけないようでいて、絶妙に揺らぎながら急所を突くリズム。艶のある歌声に乗せて届けられる暗示的な言葉たち。

 端正なマナーの中にも、かすかな野生が息づくポップソングの数々に、好きモノのあなたならつい唸ってしまうこと間違いなしだろう。

 

そして彼の宅録部屋の押入れの奥から繋がるアナザーワールドことディスクB

エレクトロからアシッドフォーク、パワーポップにネオソウル。まるでテーマパークのアトラクションのように駆け抜けていく51曲。

その全てに底通するのは、人を食ったようなユーモアとどこまでも自由な想像力、そして先人の遺産を軽やかに自分のものにしてしまう咀嚼力。

 

その奔放さに私の年代物のimacも腰を抜かしたため、ディスクBリッピングができないこともあり、まだ私も全てを堪能したとはとても言えない状態だが、この地下に広がる秘密基地感に胸のミゾミゾが止まらない。

 

今から1月にあるライブが楽しみなのである。

www.youtube.com

 

 

 

「月光密造を密造する夜」と次回「KENNEDY!!!」の話

f:id:dreamy_policeman:20171202083408j:image

「ブログを100本書くより、イベント1回やった方がいい」というわけではないのだけれども、スカート ・ミツメ・トリプルファイヤーが三ヶ月連続で新譜をリリースする2017年の奇跡をレペゼンすべく、Book cafe&barカゼノイチにて「第一回 月光密造を密造する夜」を開催しました。


構成は大きく二部に分かれていて、前半はこのインディー三銃士のデビューからの偉大な軌跡を時系列で辿るというもの。
後半は、この三銃士の音楽から連想した過去のロック/ポップミュージックの名曲をミックスしてかけました。

そしてそのいずれでも、曲の合間にピーター・バラカンになりきった私の解説が入るという暑苦しい仕様。

 

4時間分の構成を考え、選曲して、そして喋るという作業は想像以上に重労働で、終わった後はなんだか完全燃焼した感がヤバかった。

でも、準備期間を含めて彼らの音楽にズッポリ浸かって改めて思ったのは、こうした多様で芳醇な音楽的ルーツを感じさせるミュージシャンとの出会いは、リスナー人生をとても豊かにしてくれるということ。
スカートを聴いてムーンライダーズを聴き直し、ミツメを追いかけてParasolにたどり着き、トリプルファイヤーの後にFela Kutiで腰を揺らすというグレートジャーニーの素晴らしさよ。

こんな体験をみんなで共有したいぜ、という単純極まりない気持ちが、終わってからようやく気づいたこのイベントの本当の動機だったんだな。

こんな超マニアックな企画にお越し頂いたお客様、快く開催を承諾してくれたカゼノイチ店主の上野さんの広すぎる度量に心からの感謝を捧げたい。
この経験を活かして新たな企画にチャレンジしたいと密かな闘志を燃やしているところです。

 

とかなんとか言っている間に来週の土曜日、12月9日はレギュラーパーティーKENNEDY!!!を開催します。

 

今回はいつものレギュラーDJに加えて、石野卓球との共演している若き俊英ラッパー・PちゃんことP.I.Gのライブもあります。
前々回のKENNEDY!!!で彼の飛び入りフリースタイルにガツンとやられた俺が言うから間違いないけど、これはめちゃめちゃ期待していいやつです。

 

音楽が好きな人、お酒が飲みたい人、誰かと話したい人、ただカレーを食べたい人。
バラバラなお客さんが思い思いに盛り上がってしまう謎のパーティー、KENNEDY!!!!
今回も店主の男気ノーチャージ。オーバースペックなPAシステム組んでも男気ノーチャージ。
夜8時からカゼノイチでお待ちしております!

 f:id:dreamy_policeman:20171202083450j:image

f:id:dreamy_policeman:20171202083440j:image

 

 

 

 

初めて演劇を観に行った話。 ロロ「父母姉僕弟君」について

 f:id:dreamy_policeman:20171113210941j:image

会場のサンモールホールは、新宿御苑前駅2番出口を出てまっすぐ歩いて徒歩3分。と頭に叩き込んでいたにも関わらず、きっちり反対方向に歩いていた方向音痴の私。気がつくと新宿御苑に到着していた。
あぁまたやってしまった、と思って引き返そうとした瞬間、苑内から漂ってきた銀杏の匂いで、幼稚園の遠足でここに来たことをふと思い出した。30年以上前の話である。
今となっては、これ以上ないプロローグだったと思う。


演劇というものを自分の意思で観るのは、生まれて初めてのことだった。
小学生の頃に学校で体育座りして強制的に見せられたトラウマのせいか、一度も劇場という場所に足を運んだことはなかった。

 

なので、このロロによる「父母姉僕弟君」という演劇の巨大な感動を伝えるボキャブラリーはもちろん持ち合わせてはいない。
いないんだけれども、それがどんなに拙い言葉でも、書いておくべきだという気がしている。なぜなら、この観劇後の気持ちと記憶が、自分の中ですでに1秒ごとに少しずつ失われていていることに、少しでも抗いたいからだ。


まず衝撃的だったのはなんといっても脚本である。一見でたらめに流れる小さな川が、近づいたり離れたりしながら、最後は津波のように押し寄せる、圧倒的な構想力と情報量。それはエンターテイメントとしての大サービスであると同時に、観る側の記憶力と想像力を試すような過剰さだった。思えばこの過剰さ自体に意味が込められていた、ということだったのだろう。

 

それを演じる俳優たちも本当に素晴らしかった。
濃厚すぎる個性と矛盾をはらんだ登場人物たちのキャラクターを1秒たりとも損ねることなく、コミカルとシリアスの境界線を自由に行き来する、いきいきとした演技。
最初は口がポカンとしてしまった私も、気がつけばあの破天荒でセンチメンタルな旅路の一員となっていた。
そして主人公キッドが最後に感情のメーターを振り切った瞬間の、彼が俺に乗り移り一体になったような初めての感覚。
そのことについてずっと考えている。


例えば夜中にふと目を覚ました時、隣にいる子供の寝顔が目に映った瞬間に湧いてくる、カラメルを煮詰めたような多幸感。しかしそれと同時に訪れる、背中がひんやりとするような恐怖にも似た何か。あらゆる記憶や感情も、いつかは無に帰してしまう事実に対する無力感。

あるいは、人生という流動体において絶えず迫られる選択と、「選ばれなかった方の人生」について。
あの時、カーブを反対に曲がっていればあったはずの人生は、「今ここに存在しない」という点において、過去に過ごした時間と何が異なるものなのか、などという詮なき疑問。

 

そんなのフリッパーズギターなら「すべての言葉はさようなら」と一蹴してしまうだろうし、向井秀徳に言わせれば「繰り返される諸行は無常」ということになる。考えるだけムダな圧倒的真理。

 

しかしそうは言っても、俺も娘も、今ここに生きているし、そもそも俺は三人姉弟の末っ子長男として育った、戸籍上の次男である。現世で会うことのなかった長男が無事に育っていれば、おそらくこの世に存在しない人間なのである。生まれることができなかった陸生とはもう一人の俺なのだよ。

それらをすべてゴーイングゼロと割りきられてしまっては、わかっちゃいるけどあまりにも残酷じゃないか…。

 

と、あの時の俺は舞台から発信される膨大な情報を受け止めると同時に、知らず知らずのうちに自分の内側の深いところを旅していたのだろう(人間ってすごい)。

だからこそ、キッドが一人になり、壁が閉じられた瞬間に襲ってきた孤独と悲しみは、同時に俺自身のものになっていたのだと思う。

 

キッドはその孤独を、岡崎京子のように「僕たちはなんだかすべてを忘れてしまうね」と呟いて、その孤独を静かに抱きしめることもできただろう。

 

でも、彼はそうしなかった。

 

過去に置き去りにしたもの、選ばなかった別の人生、死んでるものやそもそも生まれなかったもの、その全てを心の内に生かすために、必死に抗った。バットを振り回して、壁を叩き続けた。小沢健二が言うところの「神様を信じる強さ」を得るために。

 

何度反芻しても胸が熱くなるこのシーンの素晴らしいところ(の一つ)は、私たちが平坦な戦場を生きるために、暴力的な衝動の助けを借りることを肯定しているところだ。ロックなのである。

 

だからラストシーンでキッドが、車の中にバットをちゃんと載せたのはすごく良かったなと思った。人生という名のドライブにはロックンロールが必要だよ。


そんなこんなで頭と心を使い果たした2時間。
終演後は何にも考えられなくなって、新宿駅までトボトボと歩いた。
そして東京駅に着くと予定の新幹線まで少し時間があったので、kiiteにあるインターメディアテクに立ち寄った。
東京大学の研究者たちが100年以上に亘って集めてきた、今は絶滅してしまった動物の化石、植物の標本、遺跡の数々。


すでに無くなってしまったものを前に、俺はまた泣いた(心の中で)。