ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

森・道・市場に行ってきました②

二日目は前日とはうって変わってビールがよく売れそうな晴天。
 
 
 
そして本日の目玉はなんと言ってもサニーデイサービスですよ奥さん。
 
 
 
集中して観たいので、ライブ開始の20分前にはステージ前に到着。
 
 
一瞬たりとも見逃すまいと、ビールの摂取は控えめに、尿意対策を万全にして(ビールではなくワインにして)ライブスタート。
 
 
 
今回はサポートメンバーなし、3人だけのシンプルな編成。
3人だけのサニーデイを観るのは初めて。
 
 
 
120%の愛情を込めて誤解を恐れず言うのですが、このバンド、特にドラム、は本当に演奏がヘタッピなんですね。
 
 
当然、私もそれは織り込み済みで観たわけなんですけど、その想定を2割くらい上回るヘニャヘニャ感にまずビビりました。
 
 
 
 
でも、そんな頼りなくて素っ裸な演奏と、曽我部恵一が歌う甘いメロディーのアンバランスがなんとも絶妙な案配で、自分の人生ごと彼らの楽曲の世界に引き込まれて行くかのようでした。
 
これぞロックンロールの魔法!とでも言いたくなるような、実に濃厚な40分間でした。
 
 
 
 
 
間違いなくオレが一番このライブを堪能した、という根拠なき充実感を味わいながら、ライブ終了後の会場を歩いていたところ、友人G君を発見。
 
 
 
でもよく見ると目がメチャ赤い。日焼けか?酒か?と思って声をかけたら、サニーデイのライブに感動して号泣してしまった…と。
 
 
 
 
サニーデイサービスと、G君の人柄の素晴らしさを改めて実感しましたよ。
 
 
 
 
もう今日はこれ以上の興奮と感動はないだろうな、もう帰っちゃおうかな(来たばっかりだけど)、と思ったりも一瞬しましたが、せっかくだからと一瞬だけジムオルーク観て、パクチー食べながらをKIMONOSを待つことに。
 
 
KIMONOSと言えば、LEO今井と泣く子も黙るロック界のカリスマ・向井秀徳のユニットですが、この日が愛知で初めてのライブとのこと。
 
しかも今回は、ドラマーにGREAT3の白根賢一を迎えての演奏でした(たまたまこの日、GREAT3のTシャツを着ていたワタシ)。
 
 
低音がブリブリ効いたビートに、ニューウェイブでキャッチーなメロディーが乗っかる、つまり私の好物なサウンドに思わず身体も揺れてしまいます。
 
そして観客に噛みつかんばかりの勢いでLEO今井と、猛獣使いのようにクールな向井秀徳の佇まいもキマってます。
 
 
もっとじっくり観たいぜ、と思わせるライブでした。
 
 
 
 
 
その後も砂原良徳Ceroなど、魅力的なアクトが控えていたんですが、なんせ子供を預けて遊びに来ている身、泣く泣く会場を後にして(暑かったし)、スロースで美味すぎビールをキメてから、帰宅しました。