読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

【総集編】今さらながらに、2014年ドリーミーアワード開催

前回で昨年買ったCDのレビューは終わりました(年初に買った一部は書いてませんが)。

ブログのトップページにて、「ブックオフだけでどこまでリスナー生活を充実させることができるのか、という壮大な実験」と銘打っている以上、やはりその結論は出さなくては。

ということで、以下、整理していきます。

①購入先の内訳
  ブックオフ  72%
  その他(HMVなど)  8%
  Amazon 13%
  バナナレコード  8%

やはりブックオフの割合が圧倒的に高い。
しかし、肝心なことは、その内容がどうだったのか、ということであります。
ブックオフ280円CDは、果たして質的にもグッとくるものだったのかどうか。
二つの観点で検証してみたい。


①2014年夢的ベストアルバムアワード

まずはアルバム単位で、昨年聞いたCDの中で特に印象的だった作品20枚を選んで、それらの購入先がどこなのか、という観点で評価をしていきたい。

Jordan the come back      Prefab Sprout ブ 
Good girls don`t               Various Artists ブ
Playland                            Johnny Marr    A
Why not Clammbon?        Various artists 他 
シフォン主義                  相対性理論     A 
Sunny                   サニーデイサービス 他  
僕らは電気の原始人          Bud stuff A 
Xo                                      Elliott Smith バ 
Matinee                             Jack Penate ブ
パイナップルの彼方へ      
                                かまやつひろし
絵                            仲井戸麗市  ブ 
Just two of us                   Radio-K ブ 
ハイファイ新書                 相対性理論 バ 
Something/Anything       Todd Rundgren バ 
Play music                       Thieves like us ブ
North marine drive             Ben Watt バ
戦争は終わった                 夏木マリ  ブ
Cupid & phyche85            Sclitti Politti バ
愛の関係                           Great3       他
大瀧詠一                           大瀧詠一  他 

以上の20枚(順不同)を集計すると、


ブックオフ・・・ 7枚(35%) 
Amazon・・・4枚(20%)
バナナレコード・・・5枚(25%)
その他・・・4枚  (20%)
という結果に。


やはりと言うべきなのか、ブックオフの割合がグッと下がってしまう。
安かろう悪かろうということなんだろうか・・・。
それにしても、バナナレコードの打率の高さと言ったら!
もう少し通わなくてはいけないな・・・。



②2014年夢的ベストソングアワード
さて、アルバム単位での評価とは別に、心に残る一曲という単位でも検証する必要はあるでしょう、ということで、ベスト30を同じく順不同で。
(ただし、同一アルバムにつき1曲のみ選出)
 
 Don't Stop             GREAT 3            A
 North Marine Drive       Ben Watt           バ
 Snowbound           Donald Fagen       ブ
 Bled White           Elliott Smith       バ 
 夏の黄金比            相対性理論           A
 One way love                       RADIO-K  ブ
 テレ東                           相対性理論      A
 Hello It's Me              Todd Rundgren    ブ 
 For What Its Worth             Lou Rawls   バ 
 My Baby Just Cares for Me           
                                   Nina Simone        A
 Carnival2000   Prefab Sprout       ブ
 グッバイ・グルーヴィ           Hair       
 Cherish our love       Love Tambourines
 You Gave Me A Love        Port Of Notes
  びんぼう               大滝詠一        他 
 Love Vigilantes         Hideki Yoshimuraブ 
 Hawaii                                関美彦    他 
 Spoon                                Cibo Matto    ブ 
 ホームタウン               仲井戸麗市     ブ 
 僕らは電気の原始人          Bad Stuff  ブ 
 High And Dry                 The Crawl       ブ 
 夏は行ってしまった            
           サニーデイ・サービス        他
 Learning Lines                 Jack Peñate    ブ
 Easy Money                     Johnny Marr  A
Convertible                  Mellowhead         ブ
 Bubbly                             Nelories          ブ
 Perfect Way                   Scritti Politti     バ 
 By Fist And Fury        Tommy Guerrero
 さよなら夏の光             小島麻由美    ブ 
 COME SHINING              佐野元春       A


以上の集計は、
ブックオフ 17曲(57%)
Amazon  6曲(20%)
バナナレコード 4曲(13%)
その他 3曲  (10%)
  
という結果に。
ブックオフがグッと盛り返してきます。

アルバム単位で心に刺さるクオリティを保つ作品は少なくても、曲単位で見れば充分に時代を超えてその輝きを保ち続ける作品も多い、ということでしょうか。
単価の低さを踏まえれば、充分に許容できる打率と言えましょう。

<結論>
 以上のざっくりすぎる結果をまとめると、以下のようになります。

・名盤はブックオフにも存在する
・しかし、バナナレコードをはじめとするその他の流通経路の方が遭遇率は高い
・ただ、投下したコストに対する満足度はほぼ一緒と言える

よって、ま、どっちで買ってもいいんじゃね?というのが、結論であります。



しかし、そんなコスト面での結果は、最初から分かりきっていたことなのです。 


肝心なことは、私がなぜそこまでブックオフにこだわったのか、ということに他ならない。


次回、その謎にせまってみたいと思います。