ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

File097:Scoobie Do "Break rock"

f:id:dreamy_policeman:20150204081650j:plain

ザ・ヘアーがわからなかった、実にイケてない私が次に挑むのは、スクービードゥであります。

昔、スペシャでやっていた、いとうせいこう司会のクイズ番組「音知連」や、ザ・コレクターズが好きなワタシとしては、MOBYがドラムを叩いているバンド、という印象が強いです(前者では放送作家としてて、後者では別ユニットのドラマーとして参加)。


さて、中身の方ですが、ざっくり、本当にざっくりした表現を許してもらえるならば、前出のザ・ヤングとほぼ同じ構造ではないかと…。

リズムアンドブルーズをロックなスピリットで鳴らした音楽。

ただ、ザ・ヤングに比べると、もう少し色彩が豊かと言うか、コードが洒落てたり、メロディーや歌詞にポピュラリティがある感じです。


しかしながら、その多くの人に開かれた姿勢が、彼らの志向するスタイルが本来備えていなければならない魅力、例えばパンクの一点突破感、あるいはソウルの過剰な濃度、のようなものを削いでしまっているような気がしてなりません。


メジャーデビュー盤ということもあるのか、いろいろな方面に気を使いすぎてる気がするんですよねぇ。



なお、最近紹介したザ・ヤング、ザ・ヘアー、渚ようこは全て同じ店で同じタイミングで買いました。
多分、同じ人が売ったんじゃないかと思ってます。


どこのどなたか存じませんが、この場を借りて御礼申し上げたいと思います。