読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

File090:チャットモンチー "You More"

f:id:dreamy_policeman:20150113092734j:plain

チャットモンチーを初めて聴いた時のことは、やけにはっきり憶えていて、業務用ワゴンのFMラジオで、"ハナノユメ"がかかっていたのでした。

親しみやすいけど、ヒリヒリ感のあるメロディと言葉を聴いて、これはすごい曲を書く人が出てきたぞ、と思った(矢野顕子もこの曲をほめていたらしい)。



でも、この4枚目のこのアルバムを聴くかぎり、橋本絵莉子さんはCMタイアップとか紅白歌合戦、あるいはミュージックマガジンの表紙なんかよりも、今、このバンドでなんかオモロイことをやることにしか興味がないように思える。

それくらい、楽曲がマスに向いてないし、ロックの定石も無視していて、何というか、自由過ぎていい意味での気持ち悪さすら感じるという…。



それはとてもユニークで頼もしいことである一方、ミーハーなポップミュージック愛好家としてはいささかさびしい気持ちもあったりなかったり(こないだテレビで赤い公園を観たので、特にそう思うのかも)。


でも、このアルバムを最後にドラムが辞めちゃって、今はまた色々な形態でやっているようですが、デビュー当時の必殺メロディは戻ってきたのかどうか、気になるところであります。