読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

File071 こだま和文 "ピストルオペラ"

f:id:dreamy_policeman:20141031083745j:plain
とうとう90枚目。
と言っても、でブックオフで買ったCDです。特別感ゼロ。


こだま和文を生で観た唯一の機会は、15年くらい前のフジロック
久々に表舞台に復帰してきた時期じゃなかったかと。

日本のレゲエのエライ人だということだけは知っていたので、はるばるField of heavenまで足を運んだわけですが、これが拍子抜けするくらい力の入ってないおじさんで。

「みんなさぁ、こんなにいっぱいアーティスト出てるのに、なんで俺なんか観にきたの?」
「もっと他に観る人たちいっぱい出てるでしょ?」
とボヤいた後に、切れ味鋭いトランペットを吹くという繰り返しで、ギャップのデカさにに驚いた記憶がある。


今回入手したアルバムは、鈴木清順監督・江角マキコ主演の映画のサントラ。

なので、作品としてどうこう言うのが難しいところではあるんですが、トランペットの名刀具合は十分に感じられるし、Littlle tempoのticoがスティールパンを叩きまくっているので、これだけでも聴く価値はあるんではないかと。


それにしても、このレゲエ特有のチープなシンセ音。
イイと思う時と、ダサいと思う時の差がすごくあるのは私だけでしょうか。