読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

File051:Go! Go! 7188"蛇足歩行"

f:id:dreamy_policeman:20140808132902j:plain

暑苦しすぎるデコトラジャケ。

暑い季節に熱いお茶飲んで夏バテ防止する、みたいな気持ちで聴いてみました。


2000年に発表された、GO!GO!7188のデビュー作。


グループサウンズ meets ミッシェルガンエレファント、という感じの音で、派手というか、一発やったるでー、というガッツを感じます。

化粧品かなんかのCMタイアップで、結構売れた作品なんじゃないかと記憶しております。


こういう、エッジの立った音とセールスが両立するところに、2000年という時代を感じます。


妄想ですが、レコード会社の人はこのバンドを見つけた時には、ガッツポーズしたんじゃないかというくらい、そこらへんのバランスが良いバンドです。


ちなみにこのアルバム、前半はメロディアスな曲が並んでいて、後半はもっとささくれ立ったロックンロールが並んでいるという構成。

そしてよく聴くと後半の殺伐系サウンドの方が、イキイキと演奏している感じが伝わってきます。


これも妄想ですが、懐かしのルーズソックス履いた女子高生がカラオケで歌っていそうな"こいのうた"とか、あんまりやりたくなかったんじゃないかな…と邪推。



この辺りの、投資した資本は回収させてもらうぜ、という大人(レコード会社)の思惑が見え隠れするあたりにも、まだCDビジネスが盛んだった2000年という時代を感じます。必ずしも悪いことではありませんが。


と、いやらしいサラリーマン目線でブツブツ言ってますが、とてもいいロックアルバムだと思ってます。