ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

File036:Square pusher "Burning'n tree"

f:id:dreamy_policeman:20140605183325j:plain

見知らぬ街のブックオフ捜査。
押収物第二弾はスクエアプッシャー

さすがドリーミー刑事が未開の地、短時間の捜査で簡単に掘れます。


しかし、薬の売人(スクエアプッシャー)って名前のCD持ってお客様のところに出張するってのは社会人としてどうなんだろうね…。


このアルバムは初期というか、90年代中盤のシングルを集めた編集盤とのこと。


今まで、あんまりちゃんと聴いたことがなかったので(アルバム1枚くらい。タイトルが思い出せない)、現代のジャコパス(と、知ったフリしてますが、こっちもほとんど聴いてません)がどんな作品で世に出てきたのか、楽しみにしながらスイッチオン。



うーん。
なんかドラムパターンが普通のドラムンベースだな、というのが率直な感想。
ベース以外の上物も工夫が足りないというか、かなりチープな印象です。

音楽的には少々物足りない。
つーか、飽きる。


ま、こういうこともあるよね。

というわけで、戦利品3枚目に行こうじゃないか。