ドリーミー刑事のスモーキー事件簿

バナナレコードでバイトしたいサラリーマンが投げるmessage in a bottle

IMAIKE GO NOW 2017に行ってきました

今年もやって来ました、悪い大人のネバーランド・IMAIKE GO NOW2017。 「パン屋じゃない、日本人なら和菓子屋だ!」とおかみから怒られる時代に、真昼間からライブハウスをハシゴしてロックンロールを聴きまくろうというのだから、なんたる非国民の集まりか…

シンクロニシティの肯定  サニーデイ・サービス(とラブリーサマーちゃん) 「桜 SUPER LOVE」について

「君がいないことは 君がいることだな」 愛する人の不在、その受容と再出発を、たったワンフレーズで表現しきってしまった名曲が、桜の咲く季節に届いた。 長き不在の続く岡崎京子のイラストを大胆にあしらった、ピンク色のジャケットに包まれて。この意表を…

まともがわからない。  こだま著「夫のちんぽが入らない」について(ややネタバレあり)

夫のちんぽが入らない 作者: こだま 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2017/01/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (16件) を見る 「夫のちんぽが入らない」を読みました。 この本の良さは、夫のちんぽが入らないというセンセーショナルなカミングア…

「松倉と勝と光永と継吾」とTRIOLLIのライブを観た話

今年二度目の金山ブラジルコーヒー。「松倉と勝と光永と継吾」のライブを観に。 去年観たceroのライブで光永渉氏のドラムにいたく感動した私。その光永氏と共にAlfred beach sandalをサポートする岩見継吾氏もベースで参加するバンドがやって来る。しかも対…

さよなら、ムッシュ

ムッシュが逝ってしまった。 高校生の頃に「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を初めて聴いて以来、 「何かに凝ったり狂ったりすればするほど、君は一人の人間として幸せな道を歩いているだろう」 というムッシュのメッセージはいつも心のどこかに生き続け…

小沢健二「流動体について」について

小沢健二のファーストアルバム「犬は吠えるがキャラバンは進む」は間違いなく俺の人生で最も再生回数が多い作品。 15歳の時にリリースされたこの作品に、俺の思春期は救われた、と断言してもいい。 だから、なのか、しかし、なのか。 「LIFE」以降のオザケン…

音楽の本質とはこれいかに? スティーブ・ウィット著「誰が音楽をタダにした?」

「誰が音楽をタダにした」を読みました。噂に違わぬおもしろさでした。 音声圧縮技術であるMP3の開発者、世界最大のレコード会社のCEO、そのレコード会社のCDプレス工場で発売前の新譜を違法アップロードし続ける労働者。 この三人の視点から、ゼロ年代の音…

研ぎ澄まされた言葉たち ECD「何もしないで生きてらんねぇ」

ECDの「何もしないで生きてらんねぇ」を読んでいる(発売日に買った植本一子「家族最後の日」は妻に取り上げられてしまった)。 曽我部恵一、寺尾紗穂、鴨田潤。そして最近では澤部渡もそうだったのだけれども、素晴らしい文章を書くミュージシャンはたくさ…

土岐麻子「PIINK」に大人の本気を感じた件

土岐麻子の新作「PINK」が素晴らしい。 思えば、これまでの彼女の作品には、ハイクオリティーかつ、いい意味での余裕と言うか、あらかじめ消費されることを想定した余白のようなものが準備してあったように思う(それがシリアスすぎる音楽ファンとの距離感に…

エリザベス・ペイトンを観て岡崎京子のことを考えた日の話

先週の土曜日、スカートのライブに先立って、ちょうど原美術館で開催されていたエリザベス・ペイトン展に行ってきました。 何年も前から画集を買うかどうか定期的に(Amazonとかでオススメされるたびに)迷っていたアーティストなのです。 会場には人物画を…

宇宙・日本・渋谷WWW スカートワンマンライブに行ってきた話

愛知県からはるか300キロ、スカートワンマン@渋谷WWWに行ってきました。 どうしてもこの日のワンマンだけは観ておきたかったのだ。 その理由はいくつかある。 このところのどうしようもなく退屈な生活を生き抜くための希望が欲しかったこと、最新作「静かな…

トヤマタクロウ DAYS GONE展に行った話

16年のアート納めは、風邪でボロボロの身体を引きずって訪れたトヤマタクロウの写真展「Days gone」でした。 トヤマ氏と言えば、一昨年の夏、初めてミツメのCDジャケットを見た時からずっと気になっていた写真家。 今回の展示はまさにそのミツメと一緒に回…

体温のある歴史 寺尾紗穂著 「南洋と私」

2016年における数少ない後悔の一つが、名古屋であった寺尾紗穂のライブに行けなかったこと。 今年はチャンスがあるかしらと思いつつ手に取った「南洋と私」。 日本統治下のサイパンで繰り広げられた日米の戦争について、当時サイパンで暮らしていた人々の証…

2017年一発目のライブはトリプルファイヤー@金山ブラジルコーヒー

矢野顕子の深く荘厳な世界に浸った後、駆け足でトリプルファイヤーのライブへ。 なんたる落差。 会場は金山ブラジルコーヒー。 知る人ぞ知る名古屋インディーロックの殿堂である。 とは言え、基本的な構造は普通の喫茶店であり、ライブハウスのような爆音PA…

極めて不親切にして、極めて贅沢な。 矢野顕子主演「SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女」

極めて不親切な映画である。 そこがどこで、何をしているのか一切の説明もない。 一人の女が、ピアノを弾いてはやめて、歌ってはやめる姿が延々と映し出される、ただそれだけの90分。 女以外の登場人物もいないわけではない。 しかし、おそらくその世界では…

布団の中で考えた。 牧村憲一著『「ヒットソング」の作りかた』

あけましておめでとうございます。 昨年末はまさに仕事納めの日に熱を出して、風邪ひくタイミングまでサラリーマンかよ…と力なく自分に突っ込んでおりました。 でも本が読めないほどの体調ではなかったので、布団の中で牧村憲一著『「ヒットソング」の作りか…

自由と共鳴の音楽。 GUIRO「アバウ」について

GUIROの新曲を聴きました。 1日でも早く手に入れたかったけど、最初に流通するのはこれまでGUIROの音源を扱っていたお店だけ、ということで、高速ぶっ飛ばして名古屋オンリーディングへ。 さて、前回の記事で『「日本を代表するバンド、GURIO」というcero高…

cero 「Modern steps tour」@名古屋ダイヤモンドホール

ceroのライブに行ってきました。 思えば私が東京インディーおじさん街道を千鳥足で歩くことになったのも、去年の6月、ここダイヤモンドホールでceroのライブを観に行って、高城さんの「東京インディー物販戦争、ミツメには負けないぞ」というMCがきっかけ。 …

倉内太と彼のクラスメイト 「くりかえしてそうなる」について

倉内太。 オンリーディングで観た植本一子の展示で、図らずもその顔だけはかなり前から知っていた青年。 「誰かと誰かが付き合って、でも誰かのことも好きになっちゃって…」といったアーティストの個人的事情は、スピーカーのこちら側にいる俺には一切関係の…

まだ魔法が解けない。サニーデイ・サービスのライブに行った話。

サニーデイ・サービスのライブからもう2週間近く経つのに、未だ興奮冷めやらない。 ふとした瞬間にライブの場面がフラッシュバックしてついニンマリしたりヨダレたらしたり、あやしい中年の私なんです。 というわけで、あの秋の夜の一部始終を振り返り。 会…

バンドとしてのクライマックス -スカート「静かな夜がいい」について-

相変わらず灰色の濁流に飲み込まれてしまいそうな日々。それでも毎日なんだかんだと音楽のことを考えてるんだから、俺は自分の想像以上に音楽が好きなのかもしれない。つーか、こういう時こそ身に染みるグッドミュージックのありがたさよ…。 そしてきっとそ…

タックスマンと秋の空

先日、遠く離れた実家に住む父が孫、つまりワタシの子供たちに会うため、わが家にやって来た。 彼はいわゆる昭和のカタブツ親父なので、いい歳してロックなどにうつつを抜かす不肖の息子としては、顔を会わせるのが億劫な存在ではあるのだが、彼が残りの人生…

シャムキャッツがなぜモテるのか、わかった気がした日の話

相変わらず新しい職場で悪戦苦闘しております。そこに追い討ちをかけるように上司が失踪。日々の雑務からドロドロの社内政治まで新米のワタシが一手に引き受ける日々。あぁ俺が島耕作なら社長秘書とねんごろになってすべて解決してしまうのに…という妄想が頭…

しめっちまったハートに火をつけたYkiki Beatの話

ようやく訪れた季節の変わり目。過ごしやすい気候になりました。時同じくしてやってきたサラリーマン人生の変わり目。いわゆるひとつの人事異動ってやつですね。新しい環境での処世術を知らないほどワタシも若くはないのですが、今回は野球に例えるなら指名…

ミツメのワンマンライブを観た話。

ミツメのワンマンライブ@池下アップセットに行ってきました。この1時間半を端的に表すならば、"A long day"という作品の異形ぶり、ミツメというバンドが到達した標高の高さとこの先の可能性を強く感じたライブ、といったところでしょうか。デュルッティコラ…

よごれちまった魂で寺尾紗穂の新作を聴いた件

俗欲にまみれた日々を過ごす自分のような人間としては、寺尾紗穂というアーティストはいささか聖的すぎるのでは、というイメージがあり、聴かず嫌いをしていた。しかし、ある方にすすめられて前作「楕円の夢」を聴いてみたところ、案外スモーキーというか、…

金山のブラジルでNRQを観てジャズの大名を思い出した話

NRQのライブに行ってきました。会場は名古屋ロックの秘境(とワタシが勝手に思っている)こと、金山ブラジルコーヒー。森道市場ではほとんど観ることのできなかったのでほぼ初めまして状態でしたが、すごく良かった。例によって音源も聴かずに出かけていった…

カクバリズムの夏祭りで納涼してきた話

楽しかったぜ、カクバリズムの夏祭り。建物のどこに行ったって、イカした音楽が流れてるんだもん。いやー最高でしたね。じゃ。また来年。と、終わらせるのがひと夏のアバンチュールに対する大人のアティチュードってもの、ということは百も承知。でもこっち…

京都の超新星・台風クラブを目撃した話

今年の春、スカート澤部氏がMステに出演したその日、初めて訪れたココナッツディスク吉祥寺で入手した台風クラブの3曲入りCD-R『ずるやすみ』。 もちろん名前も知らないバンドだったけど、そのバンド名と、手書きPOPの熱さに誘われて手を伸ばしてみたのだっ…

存在しないはずの最高傑作。 サニーデイサービス『DANCE TO YOU』

ジャケットを飾る永井博のイラストさながらの8月の眩しすぎる日差しの中、サニーデイサービスの新作「Dance to you」を聴きながら、時計の針を2000年12月14日に戻してみる。 あの冬の日、新宿リキッドルームでの解散ライブを見届けた22歳のドリーミー青年に…